ひよっこマーカスの投資日記

自称投資家のひよっこマーカスの投資の試行錯誤ついて書いていきます。 主に米国株を中心に配当狙いの投資を進めてます。 つみたてNISAでの投資信託や日本個別株、ソーシャルレンディングもやってます。 時流にあった投資をして経済的自由を達成させることが目的です。 目指せセミリタイヤ!

2019年05月

どもども、マーカスです。

KEVIN cry

最近、何もかもうまくいかずメンタルをボコボコにやられてます。

米国株は中国との貿易戦争の影響で、暴落手前まで来てますね。

しかも今週はタバコ株が駄々下がり。

塩漬けの日本株も回復の兆しは見えず。含み損残り。



仕事の方もうまくいかないことが多くて、火消しに大忙しです。

6月は落ち着いた月になってほしいです。ほんとに。

愚痴ばっかで申し訳ないです。

明日から気持ちを入れ替えて頑張っていきます。


ではではノシ!

ランキングに参加しています。
やる気が出るんで、ぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

どもども、マーカスです。

KEVIN

相互フォローしているもみあげさんのブログをまとめたkindle本がでたようです。



ブログ初めて数カ月だというのに出版をされてて本当にすごいと思います。





で、もみあげさんだけでなく他の著者の投資本でどんなのがあるか久しぶりに見てみました。

まぁあるわあるわですが、特にkindle本なんかで香ばしい本がたくさん出ていますね。

・絶対に損をしない投資手法

・1日〇分で月〇万円の利益がでる仕方

・〇〇式チャート必勝法

・売り時が完璧にわかる本

↑こんな感じの利益を保証するような題名の本です。

マーカスも投資を始めた当初は訳も分からず買っては積んでいた記憶があります。

こんな題名につられて楽してお小遣いを稼げたらと思って。

まぁそんなうまくいかないですよね。それで勝てるならみんな勝ててますもん。

最近は商材やサロン、note、はたまたオンライン会議室ZOOMでセミナーをやっている方も多く、

たくさんの方が株指南をして(お金を稼いで)います。




ではそんな本が本当の意味で利益につながるのか。自分の実となりえるのか。

投資で失敗を重ねてきたマーカスは、ちゃんと吟味して選べるようになりました。




これから投資を始めるかたは是非基本に返ってバフェット氏やシーゲル氏の

投資本で投資への正しい向き合い方を学ぶことをお勧めします。

現在では古典な部類に見えるかもしれませんが、長期で考えると自分の芯となる

考え方を獲得できるはずです。



もちろんもみあげさんの本は、簡単に儲けると言った部類の本ではありません。

ご本人の苦労話が分かりやすくまとめてあり、自分の考えを変えるきっかけと

なりえる良本です。



まとめると、簡単に稼げる方法なんてかんたんに教えてもらえないから、

勉強のテキストは吟味しましょうってことです。

しっかりとしたテキストで勉強し、市場の時流にのって利益を出していきましょう!

マーカスは米国高配当銘柄投資で地道に配当を積み上げていきます。

ではではノシ!

ランキングに参加しています。
やる気が出るんで、ぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

どもどもマーカスです。

KEVIN

最近、積み立てロボ貯蓄の広告をよく目にするようになりました。

これって少し前から流行っているロボアドバイザー(AI)投資ですよね。

ちょっと気になったので最近のロボアドバイザー投資を調べてみました。




まずロボアドバイザー投資は、AIに取引をまかせほったらかしにできる投資手法です。

各社ごとに工夫を凝らしたプログラムで自動売買をしており、成果を上げていくものです。

ある意味各社がパッシブ系ファンドをいくつか持っているイメージなんじゃないかと思います。

国内でも既に20社近くがロボアドバイザー投資を取り扱っているようです。




有名なところでは、

1.ウェルスナビ  2.THEO   3.楽ラップ

この辺が有名ですね。他にも各社色々出していることが今回わかりました。

マーカスは楽天証券を使っているので楽ラップが身近です。

以前利用を検討しましたが、未だ検討で止まっているのが正直なところです。




そして現在、広告塔でよく目にするようになったのがOne Tap Buyがはじめた「ロボ簿貯蓄」です。

こちらの特徴は、予想されるコースや銘柄を選んで選択できるところです。

マーカスのイメージでは、ロボアドバイザー投資だとまず初めにアンケートに答えて

そこから「攻める」「守る」といった方向性を決めた中で委任するイメージでしたので

少しびっくりしました。銘柄を選択するところはクラウドバンクの案件選択に似ています。




悩まなくていいのがロボアドバイザーの利点なのに、そこが弱くなっていのかなと思ってしまいます。

投資って結局ある程度の勉強が必要だと思っていたところに、AIに丸投げできるのが利点だと

考えていたからです。株・債権とかを調べたりっていうのはやはり初心者には

大変だったり、不安だったりするところがありますからね。

それを一手に引き受けてリスクを抑えた分散投資や銘柄選択、銘柄入れ替えをして

くれる、勝手に投資をしてくれるところです。ロボアドバイザー賢い!



まぁマーカスのように、自分で考えて投資したいタイプの人間には縁のないサービス

かもしれませんが、初心者のとっかかりにはなりますよね。

めんどくさがりさんにが積立貯金・定期貯金をするんだったら、

何も考えずAIに任せることをお勧めしたいです。

ではではノシ!

ランキングに参加しています。
やる気が出るんで、ぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

どもども、マーカスです。

KEVIN クラウドバンク

クラウドバンクがまたまた新しいキャンペーンを展開しています。

つい最近500億円突破キャンペーンを行っていたのにすごいですね。

クラウドバンクがさらに広まってほしいので、紹介していきます。

注)クラウドバンクの回し者ではありませんよ。

<<以前キャンペーンについて気になった人は、
  「【クラウドバンク】500億突破キャンペーンを実施中【キャッシュバックでお得】」をお読みください。>>

クラウドバンクとは。

少額から投資できる一般個人にも優しいソーシャルレンディングサービスが、

資産運用サービスとして近年、日本の投資市場で定着してきました。

その中でも融資型クラウドファンディングを行っているのが「クラウドバンク」です。

融資型クラウドファンディングでは、個人が少額から投資することが可能となり、

案件ごとの運用実績によって定期的(月ごと)に分配金が支払われます。

現在の極めて率の悪い銀行預金で資金を眠らせておくより、資産形成に向いています。

クラウドバンクは6カ月から1年の短期間で償還される商品が多いですが、

案件数が安定して多いことが特長の一つで、償還金を次の案件に再投資し続けることで

いわゆる「複利効果」を得ることができます。また案件は複数の企業やプロジェクトに

貸付されることになるので自然と「リスク分散」されることになります。

以上から、大口投資家から投資初めての初心者までとっつきやすい投資運用方法の

一つと言えます。

感謝キャンペーンという名の新規会員募集キャンペーンを実施中。

現在、「感謝キャンペーン」を実施しています。

参考ページを見てみると、これまでのキャンペーンとターゲットが異なっていることがわかります。


-----以下、クラウドバンクHPから引用-----

 昨年以降、融資型クラウドファンディング業界におきましては、多数のファンドで分配・償還の遅延や貸し倒れが生じるなど、融資型クラウドファンディングサービスをご利用いただくお客様にとって好ましくない出来事が頻発しております。
 当社は2013年からサービスを開始し、当業界に期待を寄せる多くのお客様に支えられながら、当業界の発展とともに成長させていただいたものと認識しており、将来のために資産運用を行いたいといった前向きな想いを持っておられた方が、後ろ向きな気持ちで当業界を離れてしまうことについて非常に心苦しく感じております。

 そこで、当社のお客様に限らず、これまで当業界の発展を支えていただいたすべての方に対する感謝の思いを込め、クラウドバンクを通して資産運用手段としての融資型クラウドファンディングを見直していただく一助となれるよう、「融資型クラウドファンディングご利用感謝キャンペーン」を実施いたします。

----------------------------------------------------------

うーむ、ようは他社はいろいろやらかしていて信用できないでしょう。だったら辞めるんじゃなく

クラウドバンクに乗り換えてみませんか??? っというキャンペーンですね。

幸い、既存利用者もキャンペーン対象に入れる条件があるので、寛大な内容となってます。



特典①口座開設でキャッシュバックをゲット!

以下は10万円以上投資すれば必ずもらえるキャッシュバックです。

-----以下、クラウドバンクHPから引用-----
クラウドバンク以外の融資型クラウドファンディングを利用したことがあるお客様で、キャンペーン期間中にクラウドバンクの口座開設が完了したお客様に2,000円キャッシュバック。
--------------------------------------------------------

口座開設すると2,000円もらえるようです。

ただ、クラウドバンクの最小投資額は10,000円となっているので、

キャンペーンの2,000円だけでは投資を始められないところに注意です。

まぁテスト的に始めるなら8,000円入金するで済むので手軽ではありますね。

特典②入金&投資でキャッシュバックをゲット!

続いては入金&投資でのキャッシュバックです。

この前の500億円突破記念のときよりも金額が多いです。

-----以下、クラウドバンクHPから引用-----

クラウドバンク以外の融資型クラウドファンディングを利用したことがあるお客様が、キャンペーン期間中に入金し、投資を行った合計額(「投資合計額」といいます。)に応じてキャッシュバック。

※「投資合計額」は、キャンペーン期間中におけるご入金額の合計額【A】を上限とし、キャンペーン期間中に投資申請した金額の合計額【B】とします。

【A】>【B】の場合:【B】が「投資合計額」となります。
【A】<【B】の場合:【A】が「投資合計額」となります。


20190527CB01

--------------------------------------------------------

こちらは口座開設済みの既存利用者も対象となります。

これまでと異なるのは、追加入金も必要という点に要注意です。

ただこの文章だと、一度出金してからの再入金も対象になりそうです。

その辺をどう判断するんでしょうか?クラウドバンクさん??

参加条件と対象期間に注意してください。(ちょっと面倒)

対象期間は2019年5月24日(金)00:00〜6月10日(月)23:59の18日間です。

参加条件として、以下のようになっています。

-----以下、クラウドバンクHPから引用-----

・お客様が、クラウドバンク以外の融資型クラウドファンディングをご利用されている、または以前ご利用されていたことが確認できるマイページやメール等のキャプチャー画像等(お客様のご氏名が記載されているもの)を、下記メールアドレスに添付のうえメール送信いただくこと。(既に解約済みの場合は、解約が2019年1月1日以降であることを条件とさせていただきます。上記の状況が確認できるファイルであれば、画像のサイズ、様式等は問いません。)

送付先メールアドレス: campaign@crowdbank.jp

--------------------------------------------------------

うーむ、マーカスはもともと今回のキャンペーンを利用するつもりはありませんでしたが、

他社利用の画面出せって結構ハードル高い&面倒くさいと思うのは自分だけ?

ここまでおススメしといてオチがこれかって感じですが。

<<マーカスの最近のクラウドバンク配当実績が気になった人は、下記をお読みください。>>

  「【クラウドバンク】5月の実績を公開!

  「【クラウドバンク】4月の実績を公開!

  「【クラウドバンク】3月の実績を公開!

もちろんマーカスはこれからもクラウドバンクを利用していきます。

ぜひぜひ一緒にやってみませんか?

ではではノシ!

ランキングに参加しています。
やる気が出るんで、ぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 

どもども、マーカスです。

KEVIN

今回も次の購入銘柄について検討していきます。

まだまだ勉強が足りないので、いろいろな考え方を参考にしながら

自分なりの手法・ポートフォリオを固めていきたいです。

今回着目したのはS&P500の組入割合の上位を占めている銘柄です。

割合が大きいということは市場に与える影響も大きい、いわば横綱銘柄ですね。

各分野のNo.1企業が多いので、これからも安定して伸びる可能性が高いです。

20190525VOO

この上位10社から下記5社をピックアップしてみました。

選抜の理由は主に配当金の有無です。米国高配当金投資が前提ですので。

<<最近の銘柄候補の記事については、
【米国株】チェックしている高配当銘柄から次の購入候補を検討してみた。」をお読みください。>>

APPLE INC(AAPL)

iPhoneなどのデバイスを筆頭としたハイテク株です。

直近の配当利回りは1.68%です。ハイテク株としてここ数年で大きく成長。

その分注目もされていましたので、株価は高めとなっています。

昨年末の世界的暴落時には、一時30%以上下落したのは記憶に新しいです。

また、今後の米中の貿易摩擦にも影響をうけることは明白なので、

トランプ大統領次第で経営にさらに大きな打撃を与えるかもしれません。

その影響も長くは続かない思いますが、今投資でするべきかと考えると疑問です。

<直近10年の株価推移>
2019525AAPL

MICROSOFT(MSFT)

言わずと知れたソフト開発系のハイテク株ですね。

直近の配当利回りは1.45%です。

APPLEよりも利回り悪い分、期待されてると好意的にとらえています。

株価は10年前と比べると約6倍になっており、

2018年末の暴落の影響もすでに乗り越えているのがチャートからわかります。

APPLEと同じく配当利回りだけでみるとそこまで高くないです。

17年連続で増配している実績があり、毎年驚異的に増配を続けてきました。

しかし、ついに昨年配当性向が100%を超える状況になっています。

今後は高い増配率を見越して購入することは危険かと思います。

<直近10年の株価推移>
20190525MSFT

JP MORGAN CHASE(JPM)

銀行持株会社、いわゆる金融銘柄ですね。

直近の配当利回りは2.95%です。

ここ10年売り上げは横ばいですが、純利益率は順調に上がっています。

それにともない株価も上昇し、10年前の約3倍になっています。

連続増配も8年続けており、利益上昇にともない配当性向も30%台を維持しています。

まだまだ増配が期待できる銘柄です。

2018年には自社株買いもしており、本当に優良・優秀です。

<直近10年の株価推移>
20190525JPM


JOHNSON & JOHNSON(JNJ)

ヘルスケア関連商品を取り扱う多国籍企業です。

直近の配当利回りは2.74%です。

この10年で株価は約2.5倍になっています。

また56年もの間増配を続ける、増配王銘柄です。

同社のベビーパウダーにアスベストが含まれていたことを数十年隠蔽していた

ことが判明し、訴訟に発展しています。

当時は一時的に株価が落ちましたが、この半年で下落前の水準に戻っています。

ただ問題は長期化の様相であり、今後どのように発展するかは不明です。

ベビー用品は売り上げの1割程度と影響は低いですが、ブランドイメージを

損なう可能性があることは無視できません。

<直近10年の株価推移>
20190525JNJ

EXXON MOBIL CORP(XOM)

石油エネルギー銘柄です。

直近の配当利回りは4.58%です。

36年間の間増配しており、しかも配当利回りも高いのが特長です。

ただ先日のブログでも書きましたが、今この銘柄を買うなら

ロイヤル・ダッチ・シェルのほうをお勧めします。

配当利回りに約1.5%の差があり、この差が埋まるのに今の増配率だと、

10年以上かかることが予想されるからです。

ここ10年間は70USDで株価が反転しているので、もう少し下がれば買い時かもしれません。

<直近10年の株価推移>
20190525XOM

<まとめ>
上記5銘柄を比較すると、配当を考慮して買うとしたら、

まずはJP MORGAN CHASE、次点でEXXONMOBIL CORPです。

他の銘柄はリスク要因が高いと判断しました。

高配当投資で最も恐れるのは減配です。

それにより株価下落など悪い連鎖が始まるからです。

6月購入銘柄を引き続き検討しますが、納得いく選択をするべく頑張ります。

<<マーカスの米国高配当投資を始めるきっかけについては、
米国株投資のきっかけ【バカでも稼げる$「米国株」高配当投資】」をお読みください。>>

ではではノシ!

ランキングに参加しています。
やる気が出るんで、ぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ