ひよっこマーカスの投資日記

自称投資家のひよっこマーカスの投資の試行錯誤ついて書いていきます。 主に米国株を中心に配当狙いの投資を進めてます。 つみたてNISAでの投資信託や日本個別株、ソーシャルレンディングもやってます。 時流にあった投資をして経済的自由を達成させることが目的です。 目指せセミリタイヤ!

タグ:高配当株

どもども、マーカスです。

珍しく2回投稿です。
KEVIN

米国株の値下がりもだいぶもとに戻ってきましたね。

タイミングを図った投資は自分には難しいと理解しているので、

無理をして購入するのではなく、もともとのルールに従って買い増しを進めます。

6月に買い増しの予算が確保できそうなので、検討に入りたいと思います。

今考えている買い増し銘柄を紹介します。



1.インベスコ(IVZ)

いわゆるファンド株ですね。

直近の配当利回りが6.00%と今回のリストでは最も高いです。

株価は2018年は年間を通して下落トレンドでしたが、

2018年12月に15USD(チャート上の最安値)で切り返し、

2019年は上昇傾向にあります。目標は直近の高値35USDでしょうか。

<直近10年の株価推移>
20190524IVZ

2.ロイヤル・ダッチ・シェル(RDS B)

石油・エネルギー系の銘柄です。

直近の配当利回りは5.76%です。年明けに6.00%近くまで上昇してました。

株価は原油価格に依存している部分が大きく、今後も乱高下する可能性が否定できません。

よくXOMと比較されるようですが、マーカスは確実にRDS B押しです。

今のところ利回りは圧倒的にこっちがいいからです。

ポートフォリオにエネルギー株が一つ欲しいところです。

<直近10年の株価推移>
20190524RDSB

3.コカ・コーラ(KO)

言わずもがな、バフェット銘柄としても有名なコカ・コーラ。

食品・生活必需品銘柄で圧倒的であり、ブランドとしても唯一無二です。

直近の配当利回りは3.27%で前での2銘柄から見ると少し劣ります。

しかし、60年近い連続増配実績があり、長期投資を考えると見逃せない。

安心感のある銘柄ですね。コカ・コーラが売れなくなる未来は想像できません。

そして個人的にもコーラが大好きでもあります。

<直近10年の株価推移>
20190524KO


4.ペプシコ(PEP)

こちらも食品・生活必需品銘柄です。

コカ・コーラは圧倒的と言いましたが、ポストコカ・コーラとして注目しています。

直近の配当利回りは2.93%ですが、ここ数年の増配率はKOより高く

長い目でみると高成長が見込めます。

またコカ・コーラにはないお菓子系の売り上げが成長中で、こちらも気になるところです。

もう少し株価が落ちてきて、利回りがKOと同等になると一気に候補として上位に来ます。

ただ、株価は増配に合わせて順調にのびているので配当利回りの改善は期待しにくいかもしれません。

<直近10年の株価推移>
20190524PEP


5.ビザ(V)

金融系銘柄です。

クレジットカードではNo.1のシェアを誇り、急成長中です。

直近の配当利回りは0.60%と弱いですが、注目すべきは株価です。

3年で約2倍、10年で約10倍となっており、そのカーブは2次関数的に上昇しているのがわかります。

その圧倒的な利益で増配とともに、自社株買いを続けており、

株主還元に積極的なところが評価されています。

<直近10年の株価推移>
20190524V

<まとめ>

何も考えないとしたら、配当利回りの高い銘柄=インベスコなんですが、

こうして株価推移まで並べて比べると、またまた悩んでしまいます。

とくにビザの株価推移は驚異的で、まだまだ伸びそうな予感。

しかし「米国高配当株投資」を明言しているマーカスとしては、

まだ手を出すべきではないのかなと思います。ポートフォリオが固まるまでは。

購入したらこちらで報告します。


ではではノシ!

ランキングに参加しています。
やる気が出るんで、ぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


どもどもマーカスです。


KEVIN!

今月予定している最後の配当金であるABBVの配当金が入りました。

さっそく報告したいと思います。

<<最近の配当金実績は、「【配当金】4月配当金まとめ!!」をお読みください。>>

ABBVIE INC(ABBV)の5月配当金

20190522

今回の配当は
10.75USDでした。 

今日現在のレートで円換算すると1,189円ですね。

<<5月に入った他の配当金については、以下をお読みください>>
  「【配当金】アルトリア(MO)の配当金が入りました!
  「【配当金】AT&T(T)の配当金が入りました!【チャートもゴールデンクロスの兆し!?】
       「【配当金】BRITISH AMERICAN(BTI)の配当金が入りました。


ABBV株は4カ月以上もみ合っています。

マーカスがABBV株を購入したのは今年の2月です。

そこから(実際は1月から)80USDで株価はもみ合いを続けています。

市場の地合いは悪い雰囲気ですが、ABBVは今のもみ合いをそろそろぬけて

大きく変動すると予想しています。そして直近の決算をみると

良い方向に行くと見立てています。もしかしたら現在最大の仕込み時かもしれません。

<<最近のABBV関連の記事については、
  「【米国株】崖っぷちアッヴィ(ABBV)の決算分析【高配当株】」をお読みください。>>

基本は高配当狙いのガチホです。買い増しは難しい。

とはいっても今はポートフォリオ構築中なので、買い増しは難しいです。


配当は引き続き5%以上となり、高配当株といえるでしょう。

まずはガチホしながら次の投資をじっくり検討していきます。

ではではノシ! 
ランキングに参加しています。 
やる気が出るんで、ぜひ1ポチお願いします。
 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


どもどもマーカスです。


KEVIN!

待ちに待ったBTIの配当金が入ってましたー!本当に待った!

さっそく報告したいと思います。

<<最近の配当金実績は、「【配当金】4月配当金まとめ!!」をお読みください。>>

BRITISH AMERICAN(BTI)の5月配当金

20190518


今回の配当は
17.75USDでした。 

今日現在のレートで円換算すると1,945円ですね。

<<5月に入った他の配当金については、以下をお読みください>>
  「【配当金】アルトリア(MO)の配当金が入りました!
  「【配当金】AT&T(T)の配当金が入りました!【チャートもゴールデンクロスの兆し!?】

BTIの配当額インパクトはやはり魅力的です。

BTIは英国株が米国株式市場で出されているものです。

税制的にも有利で、通常約3割持っていかれる税金が2割程度になります。

高配当利回りとの合わせ技で、配当金のインパクトが大きいのが利点です。

米国高配当株投資を行うものとしては、見逃せない銘柄ですね。

待たせすぎだよ、楽天証券さん!

ツイッターでもブツブツつぶやいてましたが、

配当の入金が遅くて毎回ヤキモキしています。

だいたい他の人が入金をツイートされてから2日くらい遅れてます。

なんで楽天証券はおそいんでしょう。だれか解説してくれませんか?

配当も株価もたのしみにガチホしてます!

年明けから株価は順調に上がっていましたが、4月からはヨコヨコの展開でした。

<<最近のBTI関連の記事については、
  「【米国株】BTIがゴールデンクロスを形成中!目標は$52!」をお読みください。>>

まだまだ配当利回りは高い水準にいるのでこれから再注目されるでしょう。

やはりBTIこそ米国高配当投資手法に適した銘柄といえるのでは

ないでしょうか。もちろんマーカスはガチホです。

次はABBVの配当を心待ちにしています。

ではではノシ! 
ランキングに参加しています。 
やる気が出るんで、ぜひ1ポチお願いします。
 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


どもどもマーカスです。


KEVIN!

先日、AT&T(T)の配当金が入ってましたー!

さっそく報告したいと思います。

<<最近の配当金実績は、「【配当金】4月配当金まとめ!!」をお読みください。>>

AT&T(T)の5月配当金

20190512

今回の配当は
13.92USDでした。 

今日現在のレートで円換算すると1,524円ですね。

<<5月に入った他の配当金については、
  「【配当金】アルトリア(MO)の配当金が入りました!」をお読みください。>>


引き続き高配当利回りなのでチェックしていきます。

AT&Tは毎年2月頃の配当時に増配するので、今回は前回と同じ水準でした。

未だに配当利回りは6%台後半を推移しており、目が離せない状況です。

トランプ大統領の発言で、また株価は下がり気味ですので

タイミングを見て購入できたら、配当金をおいしくいただけそうですね。

この状況でも評価損益はプラスの安心感!

株価に関してはなんとかプラスで持ちこたえてます。

現在のポートフォリオの中では、輝いて見える銘柄の一つです。

ここから株価も好転するのでは!

先日のブログでも書きましたが、決算状況は悪くないと分析しています。

<<最近のAT&Tの決算分析記事については、
  「【米国株】安心できるAT&T(T)の決算分析【高配当株】」をお読みください。>>

ここ3年は株価も下降トレンドでしたが、ついにチャート上でも

ゴールデンクロス形成の兆しが見えてきました。

これを踏まえてもAT&Tは米国高配当投資手法に適した銘柄といえるのでは

ないでしょうか。もちろんマーカスはガチホです。

ではではノシ! 
ランキングに参加しています。 
やる気が出るんで、ぜひ1ポチお願いします。
 にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


どもども、マーカスです。

KEVIN


4月24日にJTの第一四半期決算発表がありました。
ちょっと他銘柄が先になっちゃいましたが決算について確認してみました。

JTの決算概要

日本たばこ産業(2914)が4月26日に第1四半期の決算を発表しました。
(1株あたりのデータを除くと、百万円)
※カッコ内は前年同期比

売上      505,422 (  -1.9%)

営業利益    182,593 (  24.4%)

税引前利益   172,727 (  23.5%)

当期純利益   133,685 (  27.9%)

予想通り、売り上げは微減ですね。想定の通りです。

国内のたばこの市場は年々縮小しており、海外での売り上げで簡単には

カバーできないことは明白です。逆に思ったより縮小幅が大きくなくてよかったです。

その影響かどうかわかりませんが、営業利益が24.4%向上しており

好決算だったと言えるんではないでしょうか。

1株当たりの利益

1株当たりの利益は結果 67.66円となり、前年同期は 58.07円だったので

希薄化後で比較すると、1株当たりの利益は結果 67.63円となり、

前年同期は 58.04円だったので16.5%増となりました。

特殊要因が理由で昨年は数字が良かったということです。


含み損が日々大きくなっています!

株は残念ながら2016年中旬から下がり続けています。

マーカスも約10%の含み損を抱えており、頭が痛いです。

幸いなことに、配当は増配を継続中でそれだけが心のよりどころになっています。

引き続きガチホを継続

日本株の中で、JTだけはガチホを決め込んでいます。

含み損ではありますが、政府銘柄であるJTが倒産することはいまのところありえず、

世界景気の回復とともに株価も回復することを願っています。

↑分析などではなく、ほんとに願望だけです。まぁあと20年は売らないでしょう。

ピンチはチャンス。売り時を間違えないようにしたいものです。

ランキングに参加しています。
やる気が出るんで、ぜひ1ポチお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ